2012年5月26日土曜日

稽古場へ車で行くの巻

浪花グランドロマンの6月のお芝居も音楽等で係わっているんですが、今日はどちらかというと装置関係で必要なとある物品を搬入するため、稽古場のある本町まで車で乗り付けました。
車で稽古場を訪れるのは結構ひさしぶりで、6年ぶりと違うかなぁ。
高野大橋付近ののコーナン懐かしいとか、あれ、平野駅付近のJRの地下道ってこんなに長かった?とか、当時の自由な雰囲気とかわくわくがひさしぶりによみがえりました。
昔は結構稽古場に車で乗り付けて、深夜運転して帰るのが当たり前で、よく三宅出口の急な坂を下りて帰ったものです。本町から自宅って車じゃ1時間で帰れるんだ。とあらためて感心しました。
しみじみしてしまうです。ひとりでしみじみすみません。


2012年5月19日土曜日

The Bruised Romantic Glee Club / Jakko M. Jakszyk


全てのプログレッシャーの度肝を抜き、脱力感を誘うPictures of an Indian Cityを収録しています

この曲はIn The Wake Of Poseidonに収録されているPictures Of A Cityの完全コピーにリメイクした歌詞とインド風の楽器、ラップをミクスチャーした飽きない一曲。

後のA King Crimson Projekctの面々(R.Fripp、M.Collins)師匠格のD.Stewart(Key)やPorcupine TreeからGavin Harrison(Ds)などそうそうたる面子がサポートしています。むしろA King Crimson Projekctよりプログレッシブな音が聴けます。
M.Collinsのプレイは衰え知らずです。Islandのカバーも原曲より良い仕上がりですよ。