2012年12月8日土曜日

In To The Diamond Sun/Stealing Sheep


英国の女の子3人組サイケデリック・ユニットStealing Sheepのアルバム。
編成は3人がそれぞれボーカルをとりキーボードの人がリードボーカルで、ギター担当とドラム担当の二人がハモリ担当。
Youtubeで動画を見る限り、チープなシンセサイザーと、バスドラ不在、スネアとタムとシンバル一枚だけの特異なドラムセット、簡素なエフェクトのギターといった風情で独自の音世界を追求する若い世代のサイケデリック・ミュージックといった感じを受けるが、意外にもお手本は80年代に一世を風靡したMiranda Sex Garden(あくまでもマニアの間だけでの一世風靡です……)あたりにありそうだ。
Miranda Sex Garden + Roches + Bangles を3で割ったらこんな音になるかなぁととても分りづらい印象で、トータルとして好印象でした。
古い感じを演出するも、実際には今日のテクノロジーを結集して作られた音楽に感じられる。

動画も是非チェックしてください。
http://www.youtube.com/watch?v=APmkliiXIXQ&feature=share&list=FLP6FYHd-mKggBkT7fUC0CfA

Steve Hillage - Fish Rising (1975) [Full Album]

私はゴングをリアルタイムで聴いた人ではない。なので周辺の人たちに関する知識も実は隙だらけであることを白状しておく。 私は長い間スティーヴ・ヒレッジのソロ・アルバムを何となく敬遠してきた。90年代のアルバムで聴くことのできるディレイ任せの単調な作品群のイメージがあったから。 ...