2013年12月14日土曜日

Snow Goose: Re-Recorded Edition/Camel



 前回のスティーブ・ハケットに続き、キャメルのスノーグースも新録音での登場。
ギターのアンディ・ラティマーの病気から復帰をも記念する渾身の一作。
故ピーター・バーデンスのキーボードのパートの多くはラティマーが弾いている。健闘している。あまり修正等はかけていないみたいな微妙なタイム感の悪さもそのままに愛情をこめて鍵盤をなぞっている。
 一番感動したのは昔のままの感動を今の機材で再現するFlight Of The Snow Gooseのイントロのシンセサイザーのアルペジオかもしれない。
 オリジナルでオーケストラだったパートの多くはサンプリング・シンセサイザーに置き換わっているのか、オーケストラのクレジットがない。技術進化の賜物でこれらのオーケストラの音色はオリジナルよりある意味生なましかったりする。
 一つ気になったのがジャケットに表記されている各曲の演奏時間が実際の演奏時間とかなり違うこと。最近話題のネルソン・マンデラ氏の追悼式典の通訳氏ばりに、かなり出鱈目なことだ。

2013年12月6日金曜日

『MUGEN』より/カワチ

カワチ



カワチの活躍シーンでは採用を見送られ(後々考えると当然の結果ながら)、小粋なカーテンコール曲として生きながらえた曲です。 Deep ForestとかAfrocelt sound systemとかよく知ってる人には怒られそうな、それ系の曲です。
でも出だしの金物のイントロはBondieのRapture的な…。……的なとかいうな!!

2013年12月5日木曜日

『MUGEN』より/Illusonist Y

Illusonist Y



この曲はもともと「チンドンの昭和」というタイトルからスタートしました。
スカやレゲエに近いサウンドの曲ですが、大昔に作った「エテンの東」という曲に近い着想です。(因みに同曲はエデンの東と越天楽をかけたダジャレによるネーミング) そんな中にもメロディは陰音階をなぞるなど日本を意識した曲調です。大雑把で骨太な陰音階のリード・シンセがいい感じです
芝居の中ではヤマトの早変わりのBGMに使用しました。

2013年12月3日火曜日

『MUGEN』より/ほのか

ほのか



昔の喜多郎のようなプログレムード満載の曲です。
ソリーナ・ストリングス風の音でメロディを奏でるサビはかたじけないくらいに分かりやすく盛り上がります。

2013年12月1日日曜日

Genesis Revisited:Live At Hammersmith/Steve Hakett



スティーブ・ハケットの最新ライブ・アルバムはジェネシスの古典的ナンバーの完全再現ライブ!
3枚組みのCDと同内容のDVD2枚組みでお買い得感満載!
プログレ系アーティストの高齢化が進む中、ハケットさん(こう書くとラスカルに出てくるお手伝いさんみたいだ)は微塵も衰えないギターを聞かせてくれます。見た目もそんなには老けておりませんよ・・・・・・。
LosEndosの中盤ではジェネシス本体のライブではお目にかかれないパートが出現。十八番のドラム・デュエットが使えないので、ここは独自性を出したということでしょうか。
ボーカリストのNad Sylvanがとても頑張ってます。ピ-ター・ガブリエルのイメージを損なうことなく、自分なりの美声をちゃんと届けています。ドラム叩きながら歌うGary O'Tooleもいい感じ。さすがにフィル・コリンズのような前のめり感はないけど、いい音色のドラムを叩きます。

Jakko JakszikやJohn Wettonなどゲストも豪華!!
ジェネシスファン必聴の一枚(実際は5枚)です!