2015年4月2日木曜日

Synth1スナップショット#4/FM成分だけでアタックに癖をつけた管楽器の音



久々のアップです。例によってつまみは目分量でいじって「まあ、こんなかんじかな」程度で楽しんでください。
基本はOscillator1のサイン波にOscillator2のノコギリ波のFM変調を掛けることで音色を作っています。

m.envとLFOの両方でFMの掛かり具合を調整した、少しパンフルートのようなノイジーな癖のあるアタックを持つ管楽器のような音です。
あくまでメロディが弾ける架空の音色をめざした結果なので、何かの音に劇的に似せているわけではありません。
LFO1もFMに掛るようにしていますが、王道でosc1,2に掛けてビブラート効果を狙うのもいいかもしれません。

Steve Hillage - Fish Rising (1975) [Full Album]

私はゴングをリアルタイムで聴いた人ではない。なので周辺の人たちに関する知識も実は隙だらけであることを白状しておく。 私は長い間スティーヴ・ヒレッジのソロ・アルバムを何となく敬遠してきた。90年代のアルバムで聴くことのできるディレイ任せの単調な作品群のイメージがあったから。 ...