2015年10月24日土曜日

1978  / Area


 
久々に聴きかえしたのはフリー・ジャズに限りなく近いプログレAeraの1978。初めて聴いた当時この良さはわからなかった。耳にやさしい音は一切無し!アルバムを通して緊張感ある張り詰めた演奏が続く。シンフォ・ロックがなんぼのもんじゃいと唸りを上げるアコースティック・ピアノとウッド・ベース。鬼気迫るドラム、ボイス。たまに入るシンセサイザーもセンス良すぎ!!
ところで、ストラトスのビブラートの掛け方って奄美地方の歌い方に似てるかもしれない。元ちとせとか。