投稿

9月, 2016の投稿を表示しています

Get Together -LIVE IN TOKYO/矢野顕子×上原ひろみ

イメージ
久々の日本橋オタロードでの中古CD店。実店舗でのお買い物は、矢野顕子と上原ひろみの一夜限りのピアノ・セッションを収録したライブ音源。そして久々の大当たり!
2011年発表の作品。

二台のピアノと矢野顕子の歌声のみ。かつて矢野顕子がパット・メセニーとコラボレーションしたときの風合いに少し似たものを感る。

すごくジャズであり、ライヒみたいなミニマル系の現代音楽に聴こえる瞬間もある。
あえて、ドラムもベースもいない状態で、いやだからこそ生まれるこのグルーブ感に圧倒される。

一曲目のChildren In The Summerは糸井重里の作詞。あらためて読み直すと、なかなかいい詩を書くなぁ。
そういえばこのChildren In The Summer、オリジナル版はMiniDiscで持ってたなぁ。いやこれがMiniDiscに録音したものということではなく、CDのように製品として売られていた再生専用MiniDiscで、恐らく大コケだった規格の製品で・・・・・・・、今ではプレミアがつくかも知れんというのはどうでもいい余談。

上原ひろみ、さすがすぎる。矢野顕子に少しも引けを取ってません。5曲目「学べよ」のスタッカートなベースライン。もはやピアノには聴こえないレベルのリズミカルさ。

ため息が出るほど音楽の滋養に満ちた一枚。
「滋養なんて、どこにあるんですか!」
「ここにあります!」