2016年10月3日月曜日

ミンク・ホロウの世捨て人/トッド・ラングレン


トッド・ラングレンのアルバムは何枚か聴いた。一人多重録音の一人者という先入観からか、なんか冷たい曲が多いというはなはだ主観的な感想を持っていたけれど、1978年発表のこのアルバムはすごく心地よく、暖かく、かつ、恐らく玄人受けのするであろうすばらしい作品。
後に、ホール・アンド・オーツのプロデュースをこなし、最近ではホールとともに歌う姿をYoutubeで見ることができる。ここでのトッドは多重録音の人というよりシンガーそのものだ。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Steve Hillage - Fish Rising (1975) [Full Album]

私はゴングをリアルタイムで聴いた人ではない。なので周辺の人たちに関する知識も実は隙だらけであることを白状しておく。 私は長い間スティーヴ・ヒレッジのソロ・アルバムを何となく敬遠してきた。90年代のアルバムで聴くことのできるディレイ任せの単調な作品群のイメージがあったから。 ...