2017年8月4日金曜日

Good Evening Tokyo/矢野顕子


1988年の矢野顕子のライブ・アルバム。
坂本龍一、高橋幸宏、小原礼らをバックに、ご機嫌なバンドサウンドによるライブ演奏が堪能できる。
最近では故レイ・ハラカミや上原ひろみ等とのコラボで、それはそれで素晴らしい歌と演奏を聴かせてくれるアッコちゃん。
それらを肯定しつつも、この当時の気心知れた仲間と作り上げる緊張感ありながらもご機嫌な生のバンド・サウンドを纏め上げるアッコちゃんが妙に懐かしい。
ラストはゲストに故大村憲司を迎えての圧巻の「また会おね」。
中盤まで控えめで後半(最後のサビからラスト前まで)に向けて疾走する感じが「これがライブなんや!」と実感させてくれて 素晴らしい!


2017年3月13日月曜日

Noah's Ark/ぼくのりりっくなぼうよみ


棒読み?いやいやご謙遜を、と思わず唸ってしまう若手ラッパーのアルバム。
90年代UKソウルを髣髴させるバックトラック。そして、棒読みには程遠い上手すぎる歌とラップ。三拍子のストリングスをバックに従えたクラシックなバックトラックも使いこなしている。曲調としてはジャミロクワイと椎名林檎が合体した感じ(あくまで個人の感想です)。
「ノアの箱舟」とは大きく出たなぁ。と感じさせながらも、そのタイトルに恥じない世界観。
新しい時代を感じさせながら懐かしい。
若手天晴れ!!

2017年2月28日火曜日

Smoochy/坂本龍一


時代の要請に対応すべく、とにかくポップなものを作りたいと懇願していた教授が、1995年に出した、世間一般的には残念ながら認知度の低いアルバム。1995といえば、ウインドウズ’95が世に出た年であり、小室ファミリー全盛期。教授的にも苦悩と試行錯誤があったのであろう。
各曲、ヨーロピアンな(というより、ピアソラに代表される中南米のテイスト溢れる、よって時にピエール・バルー的でもある)コード進行とメロディは全開で、確かにポップを意識したチャカポコしたリズムがなければ非常に聴き応えある内容。
教授自ら「自分には向いてない」と言わしめたボーカル・パートが多いのも特徴。
大貫妙子とのアルバム「うたう」でも取り上げられている「美貌の青空」の原型が教授の歌声で聴けるだけでも価値がある。
自分は好きだな。


2017年2月6日月曜日

Milano Calibro 9 / Osanna


懐かしさ半分、怖いもの見たさ半分で手に入れたのは、イタリアン・プログレシーンを牽引したキーマン、映画音楽家ルイス・エンリケ・バカロフとオザンナの競作による1972年のアルバム。

良い!良いぞ!
何か安心する、この泥臭さ、暑苦しさ。
狂気のサックスにフルート。重くドタドタしたリズム隊。サイケな逆回転テープ。不釣合いに美しい、哀愁のストリングス。ムーグ・シンセに過剰に絡むアナログ・エコーのノイズ交じりの残響。
色んな要素がひしめき合ってひとつの世界観を作っている。
B級ギャング映画のサントラで何が悪い!
紙ジャケ仕様のこのCD、ひとつ苦言をするなら、恐らくLP版からの忠実な縮小コピーのためか、ジャケットの内側の文字が小さすぎて、壊滅的に読めない。