2017年2月6日月曜日

Milano Calibro 9 / Osanna


懐かしさ半分、怖いもの見たさ半分で手に入れたのは、イタリアン・プログレシーンを牽引したキーマン、映画音楽家ルイス・エンリケ・バカロフとオザンナの競作による1972年のアルバム。

良い!良いぞ!
何か安心する、この泥臭さ、暑苦しさ。
狂気のサックスにフルート。重くドタドタしたリズム隊。サイケな逆回転テープ。不釣合いに美しい、哀愁のストリングス。ムーグ・シンセに過剰に絡むアナログ・エコーのノイズ交じりの残響。
色んな要素がひしめき合ってひとつの世界観を作っている。
B級ギャング映画のサントラで何が悪い!
紙ジャケ仕様のこのCD、ひとつ苦言をするなら、恐らくLP版からの忠実な縮小コピーのためか、ジャケットの内側の文字が小さすぎて、壊滅的に読めない。

0 件のコメント:

コメントを投稿

Steve Hillage - Fish Rising (1975) [Full Album]

私はゴングをリアルタイムで聴いた人ではない。なので周辺の人たちに関する知識も実は隙だらけであることを白状しておく。 私は長い間スティーヴ・ヒレッジのソロ・アルバムを何となく敬遠してきた。90年代のアルバムで聴くことのできるディレイ任せの単調な作品群のイメージがあったから。 ...