2017年2月28日火曜日

Smoochy/坂本龍一


時代の要請に対応すべく、とにかくポップなものを作りたいと懇願していた教授が、1995年に出した、世間一般的には残念ながら認知度の低いアルバム。1995といえば、ウインドウズ’95が世に出た年であり、小室ファミリー全盛期。教授的にも苦悩と試行錯誤があったのであろう。
各曲、ヨーロピアンな(というより、ピアソラに代表される中南米のテイスト溢れる、よって時にピエール・バルー的でもある)コード進行とメロディは全開で、確かにポップを意識したチャカポコしたリズムがなければ非常に聴き応えある内容。
教授自ら「自分には向いてない」と言わしめたボーカル・パートが多いのも特徴。
大貫妙子とのアルバム「うたう」でも取り上げられている「美貌の青空」の原型が教授の歌声で聴けるだけでも価値がある。
自分は好きだな。


0 件のコメント:

コメントを投稿

Steve Hillage - Fish Rising (1975) [Full Album]

私はゴングをリアルタイムで聴いた人ではない。なので周辺の人たちに関する知識も実は隙だらけであることを白状しておく。 私は長い間スティーヴ・ヒレッジのソロ・アルバムを何となく敬遠してきた。90年代のアルバムで聴くことのできるディレイ任せの単調な作品群のイメージがあったから。 ...